鼻づまりの弊害

鼻声

声は声帯で音が作られていますが、声帯は、実が機械的な、それこそブザーのような音(声)を発生させているだけです。
その音を共鳴などで、人間らしい声に構成し直している(構音)のが口やノドの形、舌の位置、そして鼻に音を抜けさせるかどうか、なのです。

鼻づまりがあると、構音機能の一部が損なわれている状態なので、発声に支障を来します。