鼻づまりの弊害

ノドや気管への負担

「鼻のしくみと働き」をおさらいしましょう。

空気取り入れ口としての鼻の役割は、空気の除塵、加湿、加温です。
ホコリっぽく、乾燥した冷たい空気が、ノドを通して、気管・肺にはいっていくわけですから、負担がかからないはずがありません。

鼻づまりは、ノドや気管の慢性的な炎症の原因になりがちです。