鼻づまりの弊害

中耳への悪影響

鼻の奥と耳とは、耳管(じかん)という細い管でつながっており、鼻を通して耳の奥にも空気を供給し、中耳の圧調整をしているのです。

鼻づまりで、耳管の働きも悪くなることがあり、それによって滲出性中耳炎、耳管狭窄症という病気を引き起こすことになります。鼻づまりになると、耳のつまり感を経験したことのある人も多いと思います。

つまり、鼻づまりのある人は、飛行機に乗ったりして耳が大きな気圧変化にさらされたとき、耳に障害を受ける可能性が高いのです。
もっと危険なのは、ダイビングです。水圧は気圧変化よりも格段に強力ですから、中耳圧の調整に支障があると、ダイビングは危険です。